発電(充電)制御車
のしくみ
発電制御車とは
バッテリーの電圧状態をセンサーで計り、発電機からの充電を制御することで無駄
なエネルギーを減らす仕組みで最近の車両に多く採用されています。
発電を制御されることでバッテリーに多く負荷がかかるため、容量・充電受入性
能が高いバッテリーが求められます。

従来の車のしくみ

トップページへ
発電制御車対応バッテリー

発電制御車のしくみ

※カーメーカーによって充電制御の方法は異なります。

運転中は常に発電機が動き、常に充電しつづけています。

バッテリーの電圧をセンサーで計り、状態により発電機からの
充電を制御するしくみです。無駄なエネルギーを減らし燃費の
改善を図ります。
そのため、従来よりも充放電の頻度が増えバッテリーを酷使
しています。