ブロードTOP > 太陽光TOP > 太陽光発電とは

太陽光発電システムについて
テレビでも最近見かける太陽光発電システム。でも発電するという事だけで
詳しいことはよくわからない、という方が多いのではないでしょうか。
太陽光で温める熱温水器とは違いますよ!
ここでは、簡単に太陽光発電のしくみとそのメリットについて説明します。
太陽光で電気を発生します。
名前からして当然かもしれませんね。じゃあ電気を発生してどうするの?
というと 発生した電気を家庭で使うことができます
つまりその分、電力会社からの電気代を節約することができるわけです。
電気を売る事ができます。
家庭で使う以上の発電をしたら、その電気は無駄になるの?と思う方、
余った電気は自動的に電力会社に売るしくみになっています。つまり
その分、お金が貯まることになるのです。月単位での支払で、一般的
には売った電力料金は銀行口座に振り込まれます。
余った電気は高く売れます。
これまでは、買う電気と売る電気の料金は同じでした。しかし、2009年から制度が変わり、
余った電気を買う電気よりも高い金額で売れることになりました。つまりこれまで以上に
余った電気でたくさんのお金が貯まることになるのです。
発電状況が家の中でわかります。
付属の専用モニター等で、家の中で好きな時に現在の発電状況や
これまでの発電量などのデータを数字やグラフで見ることができます。
これにより、家庭内で発電への関心が生まれ、自然と節約意識が
芽生えます

家庭での会話も増えること間違いなし!?
トップページへ
太陽光発電システム